TOP > ネクタイを知る > ネクタイができるまで

ネクタイができるまで

あまり知られていない、ネクタイの製造工程。
実は、たくさんの細かい作業を経て作られています。 このページでは、
ハンドメイドで作る場合の「ネクタイができるまで」をご紹介いたします。

 

1.裁断

 

2.三ッはぎ

 

3.裏地付け

 
  1.裁断 2.三ッはぎ
  生地を重ねてそのスタイルに3つのパーツ切ります。   3つのパーツ生地をネクタイの形に繋ぎ合わせます。(大剣・小剣・なかはぎ)   ネクタイの裏地を生地に付けます。  
 

4.チッププレス

 

5.縫製

 

6.共生地ループ付け

 
  4.チッププレス 5.縫製 7.共生地ループ付け
  裏地にアイロンを当て仕上げます   ネクタイの形に、芯地も一緒に縫い合わせます   共生地で出来たループを付けていきます。  
 

7.かえし

 

8.芯地入れ

 

9.大剣・小剣 アイロン

 
  8.かえし 9.芯地入れ 10.大剣・小剣 アイロン
  ここまでの工程は全て裏側なので、ここで裏表をかえします。   剣先に芯地をきちんと入れていきます。   8.での芯地入れの剣先にアイロンを当てて形を整える  
 

10.仕上げプレス

 

11.カンヌキ・ネーム付け

     
  11.仕上げプレス 12.かんぬき      
  9.での芯地入れの剣先にアイロンを当てて形を整える   大剣・小剣のカンヌキ止をする・ネームも付けて完成    

Staff Voicemore

スタッフの声 スタッフの声
三松商事の社員が教えるコーディネート術。今季のトレンドを教えます。